スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣に定められた者は剣に

追加ダウンロードマップの「剣に定められた者は剣に」です。
 
20545.jpg 
同じく、時代は暗黒戦争終結後です。タリスのシーダ王女がアリティアのマルス王子と婚約しました。
そのタリスの辺境の地で突如周辺部族が反乱を起こしました。シーダとノルン達はその戦いに巻き込まれてしまいます。
タリス傭兵隊長オグマは部下と共にシーダ救出に向かいましたが、上手く合流できません。
サジとマジが敵に囲まれているというピンチ状態からスタートします。
 
20556.jpg 
最初は中央にサジとマジ、北西にオグマが居るだけです。
合流したいのですが、真ん中の橋の北側にナバールが待ち構えています。
南西部にはマリスが居ますので迂闊に近づけば確実に仕留められてしまいます。
東側にはたくさんの敵が居ます。蛮族やアーマーや魔道士やハンターや盗賊などが居ます。特にバーサーカーは上級職なのでかなり強いので要注意です。
さらにマリスの親父のダイスもデビルアクスを所持して襲ってきます。
 
20565.jpg 
早速オグマがナバールを見つけ、「賊の手下とは見下げ果てた男だ。」と、おなじみのセリフが飛び出しました。
でも今回はサムトーなどという偽者ではありませんので説得など不可能です。「マルス王子の元でお前は変わったんじゃなかったのか。」「何の目的もなく剣を振るうなどケモノも同然。」「オレを殺るために賊に手を貸した・・・だと? ふざけるのもいい加減にしr(ry」といろいろ説教しますが、ナバールは笑っております。「真人間のふりなんかしてんじゃねーよ。」「お前はオレと同じ裏社会の人間なんだよ。」と取り付く島もありません。
オグマ「お前とは違う。オレはあの方のために戦う。」 ナバール「ほぅ。鈍ったな。ではそいつを斬れば以前の貴様に戻るのだな。」と両者エキサイトしていきます。
一方、マジとサジはならず者相手にアップアップしております。敗色濃厚です。
 
20575.jpg 
そこへ、南方からノルンとシーダがようやく登場しました。
シーダはオグマを助けようと一気に北上してきて、敵がナバールだとわかり驚きます。
3たび、上記のような迷台詞が飛び出しました。
ナバール「お前というヤツは・・・ よくそれだけ口からギャグを言えるものだなorz」と興醒めになりました。
そしてもちろんお約束の「俺の剣は女を傷つけるほど腐ってはいない。好きにしろ。」を言わざるを得ませんでしたとさ。
一方、その隙に、オグマは今度はマリスと鉢合わせになりました。が、マリスはオグマを見て「ああ! あんた!」と驚き、以前オヤジと2人で飢え死にしそうになっていた所を助けてくれた男だという事を思い出しました。命の恩人ですのでもちろんオグマ側に寝返ってくれることになりました。ついでにオヤジにもその事を知らせに行きました。
ここで敵の増援が砦や海からドサッと登場します。強いバーサーカーもその中には含まれております。
 
20580.jpg 
おいオヤジー!とマリスが話しかけようとしました。
しかーし。事も有ろうにダイスは実の娘を一刀両断orz さらにナバールにも斬りかかり、最後はオグマ相手にデビルアクスで自殺という酷いバーサーカーぶりを発揮して下さいました。
ノルンちゃんは腕は確かで活躍してくれましたが、シーダ王女はあっという間に負けてしまい、戦線離脱されました。
かろうじてオグマが最後の敵を討ち取り、戦闘終了となりました。
 
20596.jpg 
その後何度もトライして一応全員生存クリアも頑張りました。
ダイスは、オグマ側に寝返ってしまうと契約金がパーになってしまうけどまあ構わんさと楽天的です。マリスが身体を張って剣の舞で必死で生活費を稼いでるってのにいい気なもんです・・・
戦闘後にナバールはどこかに行方をくらましたようです。
マルスとシーダの絆に負けず劣らすオグマとシーダとの絆も強固です。元々コロシアムでただ獣のように戦うだけだったオグマに生きる希望・目的を持つことを教えたシーダ。そのシーダに対し暗黒戦争期には片想い支援関係だったがずっとマルスとシーダのために戦ってきたオグマ。そして今、両者は晴れて真の両想い支援関係の間柄となりました。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

ディー〇 VS ルト〇ー
追加マップの最後のシナリオですね~。
今回のマップは非常にやりごたえのある難しいマップで最後に相応しい感じはするのですが・・・ストーリーがビックリするくらいショボいですよね。
オグマVSナバールをしたかったのか、シーダの新迷言を作りたかったのか、リメイク版から登場した新キャラやお荷物のサジマジを活躍させたかったのか、何を目論んでシナリオを作ったかわからないですけど、中身が薄すぎる上に、英雄戦争に関連する話が一切ないじゃないですか・・・orz
オグマとシーダの関係が良くなった?ああ、実はコレ、シーダの迷演技です。ゲーム上では、シーダからオグマに与える支援効果はありますが、オグマからシーダに与える支援効果はないんですよね~。おまけに支援会話すら用意されてません。
さすがは、死神シーダさん。きっと英雄戦争終了後は「用が済んだ」と言って、オグマやナバールもロジャーやロレンス達みたいに世界から抹消したり、自爆させたりするんですね。わかります。
どーせ、頭の中はマルスのことだらけでしょうし、それ以外の男共なんて上手く誘惑して、好きなように使う奴隷手駒程度にしか思ってないんでしょうね~。
このシナリオを見て、ニーナよりシーダの方が、もっと悪女性質を持っているんじゃないかと考え始めました^^;

全員生存クリアお疲れ様ですm(_ _)m
自分も全員生存クリアを経験したのですが、他の追加シナリオに比べると結構難しいですよね。特に開始直後はサジマジを生存させることだけでも、大変だったのはよく覚えています。
そして、やっぱりオグマやナバール、マリスといった安定した強いキャラ達が活躍しますよね。でも、今マップのMVP候補は彼らじゃありませんよね。
真のMVPはリフ(きずぐすり)に決まっているじゃありませんか!
回復無しでの攻略なんてとてもできませんでしたよね。
追加シナリオ3つは、共通して「効率良く回復アイテムを使用しようすることで、攻略の進行状況や生存に関わってくる」ということをよく考えさせられる良いマップだと感じましたね^^
でも、せっかく良いマップを作ったのに、中身の薄いストーリーで台無しにしてしまっていることだけは納得いきませんでしたね^^;
  • 2011-02-11│21:43 |
  • セージ。 URL
  • [edit]
>セージ。さん
とりあえずオグマのみ生存させてマップクリアするだけならいつものカジュアル感覚でゴリ押しできるのですが、サジマジの2人が鬼門でしたね。
本当にテキトーなお話でしたorz
ナバールが悪役になっている理由というのも全然納得いかない背景です。
可能な限り今まで出てきた本編やアカネイア戦記のお話に繋げて書いてみましたが・・・
あ。やっぱり今回(新・紋章)もシーダ→オグマの一方的支援だけでしたか。
まあ王族なんてそんなものでしょうね^^; 
いちいち下々の者に特別な感情など抱いていたらそれこそニーナのように不幸な思いをすることになるでしょうね。
でも下々の者は王族に特別な想いを抱いて命を賭けておまもりするしハッスルする。
国を率いる者にとっては最高に重要な「スキル」ですね。「カリスマ」「王者の剣」の様に。
傷薬を出し惜しみしていたら確かに生き残れないですね。攻めるのは二の次にしてそれを上手に使わないと厳しかったです。
さて、いよいよ次が泣いても笑っても最後の章です。
今回もコメントありがとうございました^^
  • 2011-02-11│23:26 |
  • 雪穂 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

雪穂(ゆきほ)

Author:雪穂(ゆきほ)
ファイアーエムブレムやマリオカートなどのゲームを中心に記事を書いていきます。

拠点 : アカネイア ラーマン神殿
職業 : マムクート
性別 : 女性
属性 : 風(1月生まれ、B型)
技術 : 霧のブレス
装備 : 神竜石、神剣ファルシオン

このサイトはリンクフリーです。

最新記事

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。