スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚醒完了

FE覚醒、ゆっくりと進めていましたが、とうとうクリアしてしまいました。
 
覚醒 (30)
終盤になって神竜のチキが登場しました。
マルスの格好をしているルキナを見て「お兄ちゃん!」とはしゃぐのかと思ったらそうではなく、実に落ちついた雰囲気でむしろ暗いお姉さんに成長していました。
アカネイア戦記の時代はこれより遙か何千年も昔ということになる様です。
マイユニットが男だとチキとも結婚できるようですが、1周目で、さすがにこの時期まで独身を通していた人はまず居ないでしょうね。
 
覚醒 (31)
侵略してきたヴァルム帝国の軍師は、この右の人。
どうにも某芸能人の人にしか見えないのですが^^;
ちなみにこの人は、おばさんぽく見えるおじさんです。
悪知恵はなかなかのものなのですが、自分の能力を過信しすぎているために墓穴を掘ります。
 
覚醒 (34)
で、結局サブタイトルの「覚醒」って何が覚醒するの?
と誰もが思っていたと思いますが、前作「暁の女神」と同様、神様が覚醒するのです。
しかも善の神ナーガと、対を成すのは邪竜ギムレー。
両方共が覚醒し、ユンヌと全く同じ様なお話をしてくれます。
封印はできても倒すとなると自らの命をも絶つことになる。
色々と、新しくないストーリーをこれでもかと言うほど踏襲してくれます。

覚醒 (36)
ラスボスを倒したら、エンディングです。
勝利数の第3位はミリエル、第2位は雪穂、第1位はスミアでした。
 
覚醒 (32)
本編をクリアしてもまだまだ、お楽しみは続きます。
ミカヤ「その剣で私を好きにして。」
なんかちょっとこのイラストは違うなーと思いました。
 
覚醒 (35)
チキどころか、こんなキャラクターとも一応結婚できるようです。
ヴァルム帝国の皇帝。
終盤までストーリーを進めるとこの人が居るマップにも入れるようになります。
 
覚醒 (33)
ってことは・・・
やっぱりこの人も再登場してきました。ペレジアの暗愚王ギャンレル。
一国の王だったというのに、ならず者の下っ端とは哀れですね。
ただし仲間にするのは少々難しいです。
 
覚醒 (37)
次は、これまた亡くなったクロム達のお姉さんのエメリナ。
マイユニットの支援会話可能リストを見る限り、他にもまだまだ新キャラが加入してきそうですね。
 
声優陣の担当キャラ、見てると結構驚きますね。
このエメリナは、ヘンリー「死んじゃえー」と同じ人。
超不良のギャンレルは、カラム「あ、あのぅ・・・」と同じ人。
リヒト君とベルベットのおばさんも同じ。
一番びっくりしたのは、ノノ「あのね!(●´▽`●)」とインバース「あ~らあら(*´Д`)」が同じ人だったことかな。
何度聞き比べても同じ人の声だとは思えない。これぞプロだなと感心しました。
 
IMG_3296.jpg
2周目をやる人はあまり居ないんじゃないかな?と思います。
というのは1周目で苦労して揃えた要素がほとんど何も継承されませんので。
それよりも、すれ違い通信やいつの間に通信で新たなマップや敵と戦ったり特殊な兵種を手に入れたりして更に自分だけの特別なパーティを作ることの方が楽しいような気がします。
ですが私はもう充分にこの作品を堪能しましたので、今後しばらくプレイすることは無いでしょう。
最後まで読んで下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

婚活の系譜

さて、覚醒ですが、今回も個性豊かなキャラが次々と仲間に入ってきます。
 
IMG_3165.jpg
面白いキャラその1は、このマリアベル。
「ぶっ飛ばして差し上げますわ!」みたいなセリフをボイス付きで聞けるところがファンにはたまらないですね。
 
IMG_3168.jpg
この、くらーい感じの、ちゃんと目を合わして喋らない脱力系女子サーリャ。
すれ違いパーティにどういうわけかこの人がレギュラーで入っている事が多いのですが、
なるほどどうして「みんなの嫁」候補ナンバーワンなのか、理由がよくわかりました。
こんな華奢そうな出で立ちに見えますが、実はスタイル抜群で服装がまた凄いんですよ。
どう凄いのかは3DS本体で見なきゃわからないのです。
 
IMG_3166.jpg
今回の「ファイアーエムブレム」は何なのか?
前回「蒼炎・暁」ではメダリオンでしたが、今回は初心に返ってこの5つの宝玉をはめ込む台座の盾です。
「紋章の謎」の時と全く同じですね。
 
IMG_3167.jpg
今回の支援会話は同性同士でも発展しますが、男女間だと最終的に結婚まで行き着きます。
マイユニットを女にした人はほとんどこのパターンになったと思いますが、私も例に漏れずクロム酸と結婚になりました。
ただ、支援会話自体はどのカップルもGBA版のような面白い内容ではありませんでした。
内容の薄いベタな会話が多かったです。
 
IMG_3170.jpg
この魔道士ミリエル、喋っている内容がどうしてもルーテとキャラが被ってしまいます。
まあルーテの会話の方が100倍面白いですけどね。
で、お相手はセンシガルシアノムスコロスっぽいこの人ドニを選びました。
 
IMG_3171.jpg
どのカップルも結婚指輪を渡すというパターンが主です。
このマムクートのノノとか、人間と結婚ってちょっと無理があると思うのですが・・・
これでも1000歳ぐらいなのです。すなわち人間とは成長のスピードが全然違うのです。
 
IMG_3175.jpg
一応、だいたい年齢が近そうな、カップリングしても違和感なさそうなキャラ同士を選びました。
その他は妹キャラ(リズ)と弟キャラ(リヒト)とか、堅物っぽい人同士セルジュとフレデリクとか。
男っぽい女(ソワレ)と女っぽい男(ルベラ)と。ナバールっぽいロンクー(子安武人)は当然踊り娘オリビエと。
おじさんぽい人とは、おばさんぽい人と・・・
 
IMG_3172.jpg
今回は、今までだったら終盤にならなきゃ買えないはずだったクラスチェンジアイテムとかも、比較的早い段階からお店で買えるようになります。
だから、誰を上級職にして誰を二軍落ちにするかとか考えずに、みんな平等に育てても大丈夫です。
変身する石も売っているのでケチケチせず戦えます。
レスキューの杖は、なんと杖レベルE。杖ユニットのレベルを上げたければこれを買い込んで振りまくったらたくさん経験値を得られます。
と言うより、ほぼ全員を育てる楽しみがあります。だいたい半々ずつ男女が居て、みんな結婚できるのです。
ただし、1人だけ男子が余りました。かわいそうですが、今回ぼっちになってしまったのは赤緑騎士のうちの1人ソールでした。
 
IMG_3169.jpg
そうこうしているうちに、夫婦に子供が生まれました。
「聖戦の系譜」を彷彿とさせるシステムですね。
今までのシリーズの特徴を一気に凝縮したような、それでいて全てが綺麗に融合していて非常に良い作品に仕上がっています。
一瞬、不安になってきました。
子世代が成長してきたら、またシグルド達みたいに親世代はみんな舞台から引きずり下ろされるんじゃないだろうかと。
だったら手塩にかけて育てても・・・
 
IMG_3173.jpg
その様な心配は無用でした。
親世代と子世代、一緒にパーティを組めるのです。
その理由は、未来にドクターゲロが生み出した恐ろしい人造人間によってなんたらかんたら・・・・・
と、要するにそういう成長したトランクスたちとなってこの時代にタイムスリップしてくるわけです。
滅びの未来の運命を変えるために。
 
IMG_3174.jpg
クロム酸と雪穂との子供は2人も登場します。
他のカップルの子供も順次1人ずつ登場します。
組合せによっては、親世代より子世代の方が年上になったりして笑えます。
同世代同士の支援会話は面白くないのが多かったですが、親と子の支援会話は、かな~り笑えます。
特に面白いのはやっぱり冒頭のマリアベルの息子ブレディかな。
 
と、本編ストーリーそっちのけで、ひたすら婚活に精を出すのも楽しいです、このゲーム。
実は子世代同士も男女比だいたい半々で、これまた婚活しまくりなんですねー。
でも全員育てるには多額の資金が要りますよね。 そこで渡りに船なマップが登場するわけです。
それは有料のダウンロードコンテンツの「金と銀」というマップ。
そこの敵は大金を落としてくれます。経験値も入るし一石二鳥です。
300円ぐらいで一気に戦略の自由度が上がるとなれば払ってでもダウンロードする価値は十二分に有ります。
2周目はマイユニットの性別を変えたりして、更に婚活のやり方によっては何周でも楽しめそうです。

覚醒剤

とうとう出ました。新しい完全新作のFE。
死にかけていた当ブログが水を得た魚のように泳ぎ出しました。
 
覚醒 (1)
結局私はコレ用の3DSを買っていません。が、昨年購入した本体を家族と共用で使用していますので、少しプレイしてみました。
本当は妹が「スペシャルパック」の同梱版を予約しようとしてくれていたのですが、アクセス集中し過ぎて無理だった様です。
ですので、たまにしか借りてプレイする事ができません。
「新・紋章の謎」の時の様に詳細にストーリーを噛み砕いて記事をあげるのは、さすがに発売直後はまずいかなと思いますので、「暁の女神」の時の様な雑記をあげていこうと思います。
 
覚醒 (18)  
まず、3DS本体との相性ですが、紹介ムービーの時にも言いましたが、非常に良いと感じました。
元々単純なお喋りのシーンで構成されているゲームですので、顔グラや吹き出しのセリフなどが背景よりも少し前に出ているだけでも新しい感覚を味わえます。
そして暁の時と同様の鳥瞰視点ですのでマップの奥行き感が非常に生きてきます。
激しく操作するようなゲームではありませんので、このゲームのプレイ中はずっと3D機能をONにしておくのが良いですね。
「パルテナの鏡」にセットで同梱されていた「スタンド」や、「マリオカート7」用のハンドルアタッチメントなども借りて利用すると、更にプレイしやすくなりました。
 
覚醒 (4)
ムービーシーンだけじゃなく、普段のイベントシーンでも3Dキャラが動きます。
服装もみんな個性豊かで装飾も豪華です。
ただ、驚くほど脚が短い。アーマーナイトが歩くシーンなんて、それはもう・・・
 
覚醒 (3)
今回一番の目玉であるフルボイスですが、やっぱり予想通りでした。
すなわち、膨大な数のセリフを全て読み上げてくれるのではありません。
もしもあれだけたくさんのキャラ分の声優を雇って、全セリフをサンプリングするとなったら、ものすごい容量とコストがかかるでしょう。でも、もしやってくれたら歴史に残る真の大作となっただろうなと思います。
驚くシーンなら「なにっ?」とか、口を挟む場面なら「よろしいでしょうか。」とか、本文に関係なくいくつかの決まったセリフを喋ります。でも、あながち場違いなボイスが充てられている事はなくて、違和感なく聞けます。
むしろ文章読むのが速い人にとってはあれでちょうど良いぐらいかもしれません。
 
覚醒 (5)
レベルアップした時の表示が、上昇したパラメータだけしか表示されないんじゃ?というのは杞憂に終わりました。
それは上画面だけの話であって、きちんと下画面では全体のパラメータグラフが表示されていましたので良かったです。
 
覚醒 (6)
マイユニットは、この様になりました。
だいたい、Miiと同じ様な雰囲気を意識しました。
ですので身長は高く、髪は長く、いつもニコニコしています。
 
覚醒 (16)
通信で他の人のチームがマップ上に登場します。
ティルフィングなど、往年のエムブレマー(エンブレマーではない)垂涎の品々がタダでNintendoから1日1品、配信されてきます。 もう「錬成」で名前だけのネタ武器などを作る必要が無いですね\(^o^)/
Nintendoが用意した、いにしえのキャラチームも登場します。
まあ発売直後から寝る間も惜しんでやり込んでいる人でない限り、撃破できないですね。
勝つか、買収すればその軍のリーダーやマイユニットを自分のチームにスカウトする事も可能です。
ですが、FEシリーズは基本的に少数精鋭で育てなければ結局あとで苦労しますよね。
たくさん出撃させても、ただの荷物持ちだったり、後方からついて来ているだけで結局何も活躍しないユニットがいつも必ず数人居ると思います。
 
覚醒 (17)
それを解消するのが、今回新しく導入された「ダブル」システム。
二人一緒になって移動します。戦闘時は前衛の人がメインで戦って、後衛の人がサポートします。支援効果だけでなく、時々同時に攻撃もしてくれます。
このお陰でアーマーなど行軍が遅いユニットも出撃させる価値が出てきます。ペガサス系ユニットの後衛となって「ダブル」で移動すれば行動範囲が大幅に広がり、前後交代すれば強固な壁にもなる。みたいに。
しかも体格が大きいとか小さいとか関係なくダブルを組めますので、今までのパラメータが落ちる「かつぐ」とか「二人乗り」などの超改良版みたいなシステムです。
どうしても二正面作戦、更に盗賊も追いかけなくちゃならない、など猫の手も借りたい様な時は全員シングルで普通に2人ずつ隣接して行動、じっくりおびき寄せる時やボス戦などの時はみんな「ダブル」になって実質半分のユニット数となり少数精鋭化する。
というのが今作の基本攻略パターンになります。
 
覚醒 (10)
今回のジェイガンポジション(初めから上級クラスの強いユニット)はこの人フレデリク。
しかし最近のジェイポジはゼトにしてもティアマトにしても結構ちゃんと成長します。この人もお爺さんタイプではないのでおそらく・・・
と思ったら、本当に成長率良くてニヤニヤしてしまいました。
 
覚醒 (9)
今回の荷物整理システムが、私は使いにくいです。
今までのように個人と個人でアイテムの受け渡しがしたいのですが、そうはさせてくれません。
あとは、「ダブル」の人を降ろして、かつ荷物交換して、かつ攻撃する。などの行動が不可能で、結構慣れるまでミス行動連発してしまいます。
 
覚醒 (2)
今回の敵は、敵国の軍隊などだけではなく、異形の者達とか人間ではない敵とかも出てきそうです。
 
次から次へと書きたいネタは浮かんでくるのですが、キリがありませんので今回はこの辺で・・・
また適当に玉座が広告に制圧されない程度に更新していこうと思います。
私個人の評価としては、すごく面白いです! 期待していた以上にハマる作品です。
今までの集大成的FEだなどと謳って発売してきただけのことはあるなと感じました。
有料のコンテンツは、普通にプレイするにはとりあえず必要なくて、骨までしゃぶり尽くしたいようになったらダウンロードする。って感じの物ですので良心的です。
これだけの為に3DS本体を買っても、損は無い。その様に思えてきました(爆)
アドバンス、ゲームキューブの悪夢再び・・・

FE新作の真相

前回胡散臭いFE新作情報の噂の記事をあげましたが、とうとう、任天堂から正式な、新しいファイアーエムブレムの情報が発表されましたね。
3DSで発売されるという所までは正しい情報だった様ですが、内容はやっぱりガセもいいところでした。
エレブシリーズとは何の関係も無い、全く新しい世界のFEのようです。
まだサブタイトルも決まっていないようですね。
2012年の春に発売予定です。
 
名称未設定-4
早速、我が家にある3DSでプロモーション動画をダウンロードして視聴してみました。
いい! これは予想以上に奥行き感が有って非常に見やすい。
他のマリオカートとかたくさんの3D動画も同時にダウンロードして見てみましたが、FEの画面が一番3DSの機能を活かしている感じがしました。
 
名称未設定-2
これはさすがに、実機が手元に無いとその凄さが解らないと思いますが。
特にフィールド上にユニットがたくさん集まって居る時、暁と同様に真上からではなく斜め前からの視点になるので、3D特有の奥行き感が威力を発揮して見やすいなと感じました。
  
名称未設定-3
2対1で戦闘していますね。
これは新しい要素っぽい。当然敵が複数で襲ってくるという場面も有るでしょうから、なかなか怖いですね。
 
名称未設定-1
レベルアップ時の画面が、ステータス表が無くて、上がった能力のみ表示されると言うのは、私もみんなと同様に抗議です。
是非、改善して欲しいと思います。あるいはオプションで表示法を選択できる様に。
さて、皆さんおっしゃっていますが、キャラのグラフィックがWiiと同じ解像度のわりに何かのっぺりしていますね。
これは開発中でとりあえず出した物で、実際はもっと立体感のある顔グラになる・・・
と信じたいですね。
でも今までのシリーズよりも、会話時に表情が大きく変わる所は評価したいです。
GBAシリーズまでのドット絵が一番好きですが、今回のもまあ悪くないかな。と思います。少なくともDSの鬱みたいな目よりはね。
 
まあ何にせよ、やっと、やっと出るのか。って感じで、今までFEやってきた人なら購入してプレイすることは間違い無いと思います。
でもせめてGBAの時みたいに3本はこのハードで出して欲しいと思いますね。
GCなんて、蒼炎の軌跡をやるためだけのために購入し、そして売却しましたから。

プロフィール

雪穂(ゆきほ)

Author:雪穂(ゆきほ)
ファイアーエムブレムやマリオカートなどのゲームを中心に記事を書いていきます。

拠点 : アカネイア ラーマン神殿
職業 : マムクート
性別 : 女性
属性 : 風(1月生まれ、B型)
技術 : 霧のブレス
装備 : 神竜石、神剣ファルシオン

このサイトはリンクフリーです。

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。