スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老害エルラン

暁の女神2周目ハードモード、いよいよ最終局面を迎えました。
 
名称未設定-7
セフェラン以外は老害・・・ などと言いましたが、大間違いでした。 ルカンなどのベオク達は赤子同然で、1200年以上前から生きているこのセフェランこそ全ての黒幕、真の老害だったのです。
この時のペレアスの怒りの感情はニノちゃんのそれと同じでしょうね。さしずめイズカはソーニャ、セフェランはネルガルでしょうか。
 
名称未設定-6
こんな回想シーン、1周目の時もあったっけ? 上が幼き日のミスト、下がアイクです。
アイクは父ガウェイン(グレイル)がメダリオンによって暴走し母エルナを刺し殺してしまった現場を目撃してしまいました。
 
名称未設定-8
やっとの思いでティバーンがアスタルテを倒したのですが、満タンで起き上がりました。 最後はアイクでトドメを刺さないと永久に終わらない。なんて完全に忘れていました。 この後もう一度ティバーンで削ってムービーアイクでクリアしました。
そして謎のイケメンラグズが印象的なムービーが流れて、
 
名称未設定-10
この貴重な鷺のラグズの姿のセフェランを見る事ができました。 ティバーンは戦闘中にこの背中の翼のことを見つけていましたけどね。
アスタテューヌは、なるほど確かにアスタルテの身体とユンヌの目や性格が融合したような出で立ちですね。もう少し神々しい服を着ていた方が良いかなと思いましたけど。
 
名称未設定-16
ちなみにサザビーが化石オヤジの手下の竜燐族に消し炭にされて、戦線離脱しました。
大活躍だったオリヴァーソースはセフェランにも特攻をかけましたが見事に返り討ちに遭い、散りました。
リセットはせずに、ナーシルとゴートがそれぞれの後を引き継ぎました。
 
結局アイクが一番勝利数多いかな?と思ったのですが、1位はイレースでした。やはり1人だけ出撃する章数が非常に多いからそうなったのでしょうね。
 
ところでもし、このシリーズのFE界に生を賜るとしたら、どの種族に生まれたいですか?
私なら、ラグズの鳥翼族かな。化身することもなく他の生き物に騎乗する事もなく自由に空を飛び回れるところが魅力ですね。それとベオクよりもずっと成長がゆっくりで長生きできるところも魅力です。 できれば鷹が良いです。美しさでは鷺でしょうけど身体が貧弱であまり飛び回れないのならつまらないですしね。 成長速度で言えば「印付き」も捨てがたいですが、やはり彼ら同様に数年おきに引越などして違う人脈を築かなきゃ厳しいでしょうね。普通のベオクと恋に落ちることも実際難しいかな?別のゲームの「エルフと人間」などと同様の悩みがついて回る予感。
 
具体的に「ヤナフ」とか、なりたいキャラを決めるのも一興かと。
ほかのFEシリーズでもこの様なくだらない事を考えてみようかな。
スポンサーサイト

オリヴァーソース

第4部、進めていきましょう。
 
名称未設定-1
え? ヤナフくん、王様に対してまるで友達にでも話しているかのような呼び捨て・命令・・・
びっくりしましたが、この3人はガキの頃からの仲良し3人組みたいな幼馴染みだったんですね。
とは言え彼らはもうすぐ100歳に届こうかという年齢なのです。
 
名称未設定-2
元老院の面々はセフェラン以外はみんな老害以外の何物でも無いと思っていましたが、ヘッツェル殿だけは悪い人ではないみたいですね。このラフィエルを助けるために相当な私財をなげうってラフィエルを守ったようです。 ヘッツェル。そんな人アカネイア編にも居ませんでしたっけ? あ、違った。エッツェルだったorz
 
名称未設定-3
いよいよ手塩に掛けて育てるべきオリヴァーが登場しました。 1周目、玉座を離れて突然、鷺に向かって来たときは一瞬焦りましたが、そのまま勝手に青ユニットになった時は唖然としました。
アイクの「頼むからあっちの側のままで居てくれ(*´Д`)=з」には、前作の黎明の4マップ目の「勘弁してくれ(*´Д`)=з」と通ずるげんなり感があって面白かった。
 
名称未設定-4
イズカを葬るのはペレアスに決めました。 この会話でとうとうペレアスは自分がアシュナードの実子ではなく替え玉のために拾われた印付きの孤児だということを知ってしまいました。
 
名称未設定-5
ユリシーズは、さも彼だけがベウフォレス=レニングだと気づいていたみたいな事を言っていますが、どうでしょう?
私たちプレイヤーもあの髭を見た瞬間に彼だとわかりましたよね。
イズカの「なりそこない」薬剤はラグズだけでなくベオクの心も破壊してマシンのようにしてしまう効果があるようです。
 
名称未設定-3
さて、いよいよオーラ対決・食べ比べの時間がやって参りました。 主役はタナス公オリヴァー。 まずはヘッツェルを軽~く「醜き元老院を挫~く!」と言って葬り、次に元凶ルカン。 敵のレクスオーラは余裕で見切って、たぷたぷのお腹を揺らしてバルオーラ暁光。 圧勝でした。 しかも専用BGMまで用意されていて、この人を連れて行かずして誰を連れて行く? という活躍です。

メデューサvsリヴァイアサン

さて、いよいよ第3部も最終章です。
この章では再びアイク隊を操作するので、前の章をクリア前にまたミカヤ隊の装備をコンピューターが勝手に浪費しないように手を打っておいた方が良かったのですが、ジル様の大金星に浮かれていて忘れたまま進んでしまいました。
 
akatuki1115 (2)
やっとこのシーンが登場しました。 「誰でもいい!」を聞いた時、雪穂に説教されているロジャーを思い出しました。
まあアスタルテにとっては争いばかり起こす連中は排除すべき存在だ、というのも解らなくはないですね。
 
akatuki1115 (3)
第4部が始まるわけですが、組み分けはこの様にしました。基本的には支援関係優先、まんべんなく各職業を振り分ける、行くマップの特徴(室内、砂漠etc.)、特別な会話・イベントの存在、などを考慮しました。
 
akatuki1115 (4)
それぞれの隊に鷺の民は強制的に分配されています。
そして竜燐族の使う「ヤクシ石」がなんと、ケータイの役割を果たしてくれるのです。
しかも圏外などありません。ただし「ネ・・・ガル様か・・・の・・・伝g・・・」などという留守電を入れることは不可能です。お互いが起きていて手のあいている時間帯でないと通話できません。
 
akatuki1115 (5)
負の女神ユンヌちゃんも、ルーテ病にかかっているようです。
しかも、恋のライバルはミカヤではなくサザと言うところがまた・・・
セネリ子と言い、キサねえと言い、ヘザねえと言い、ユンヌと言い、全くもう!
 
akatuki1115 (8)
なんだかややこしくて1回では理解しにくかったですが、要するに、黒竜王デギンの長男ラジャイオンがデインの狂王アシュナードの乗り物にされたのですね。イズカの「なりそこないエキス」を注入されて。 そしてアムリタがデギンの娘でアシュナードの妻。 その弟がクルト。 ラジャイオンの妻がイナ。 そしてセネリ子があれで、ペレアスがこうで・・・ 複雑ですね~。
 
akatuki1115 (7)
この章からペレアスが操作できるようになると聞いていたのですが、スタートしても登場しなかったので焦りました^^;
3部終章でセネリ子のメティオで倒してしまったのでもしかして失敗?
あやうくその章まで戻りかけましたが、少し遅れて参戦してきました。良かった~^^
極めて稀少な闇魔法を使えるので鍛え上げたいですね。
 
名称設定-1
どうやらこの人はタダの権力だけ持っている元老院議員ではないようですね。 本当に女神アスタルテの加護を受けているようです。 憎々し過ぎるので、一気にネサラを敵陣に突っ込ませて撤退される前にルカンをやっつけてみました。 血の誓ryの件も有る事ですしね。 しかしこの人、不老不死らしいですよ。 約束されたって・・・すでに老いてしまっている人相の悪いクソジジイの姿になってから「不老」を得てもなんか嬉しくないねー^^;
バルテロメやヌミダは不老不死ではなくタダの権力者であっさりと死亡しました。

血の誓約書

akatuki1107 (4)
新デイン国王としてミカヤ達と共に復興を頑張っていたのに、ペレアスはベグニオンの元老院の言いなり。
どう考えてもおかしい。母上が、問いただしました。
 
akatuki1108 (1)
やっとわかりました。この一番権力のある元老院のルカンがペレアスにうまい事言って血の誓約書に拇印を押させたようです。 お年寄りを騙す詐欺商法そのまんまみたいなことをして。
命令を破ったら国民が死に絶えるらしいです。どうにも嘘くさいと思うのですが・・・
更にはラグズを「なりそこない」にしてしまう薬を開発した最悪学者イズカも元老院の犬だったようです。
 
akatuki1108 (2)
同じく元老院の1人バルテロメ。 いつも涼しい顔をしてイヤミばっかり言ってるのですが、エリンシアがそれ以上に毅然としているのでとうとう本性が露わになって取り乱しましたwww
 
akatuki1115 (6)
見た目も話し方もギャグっていますが、装備品までこの間抜け様。
大賢者ミロアの娘リンダが使う「オーラの書」のニセモノ。
自宅には「バルガノンの書」、「バルティアの弓」、「バルトアクスの斧」なども有るらしいですが実体は「ヨツムンガンド」、「毒の弓」、「毒の斧」でしょうね。イズカの「バルベリト」は一応まがい物ではないようですけど。
 
akatuki1108 (3)
それまでどんなに自らのことを愚弄されようとも一切反抗せず、バルテロメの言うことをグッとこらえて聞いていたゼルギウスが、セフェランの悪口を言われたとたん、キレました。
持ち上げられて足をぶらぶらさせて暴れております。
バルテロメみんなの前で大恥かきました。 そのうち仕返しに来るでしょう。
 
akatuki1108 (7)
2周目特典。ペレアスが操作できるようになる重要な選択肢。
確実に押しました。
元老院に表立ってノーを突きつけることなく、しかしペレアスを殺害して誓約破棄にすることもなく、ごまかしながら現状維持して打開策を探していくことになりました。
 
akatuki1115 (1)
まだセネリオのメティオが余っていたので、ペレアスとも遠隔通話してみました。
セネリ子こそ竜燐族王家の血の力を受け継ぐ子で、ペレアスはまがい物の石ころ?
 
akatuki1108 (8)
ジルの大金星キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
横のセネリ子の支援A+恐怖スキル+トイレ掃除モップ持ちフルカンアイクに、勝利が決定した瞬間。もちろんスリープで眠らせているのではなくガチンコ勝負ですよ。
だからクラスチェンジ(天空持ちヴァンガード)要るって!って注意したのにー。

女神は2物も3物も1人の人間に与えちゃって! 晶屓もいいとこだよねぇ~? ……って、聞いてんのかい?

今作品の最大のウリは、今まで自分自身が手塩にかけて育ててきた軍とガチで対決する章が登場するところですね。
 
akatuki1107 (3)
特にこの章はいろいろ悩みどころが多い章です。ミカヤ隊と正面衝突するのですが、倒してしまっても良いのか?でも遠慮してクリアできるような余裕もありません。(実際倒しても撤退していくだけですのでロスト扱いにはならないので安心です。)
ただヤナフとウルキは青ユニットになった後にやられたら、口では「一旦ひくわ」とか言うだけなのに、実際はロスト同様でもう次の章から使えなくなってしまうので要注意でした。
ここで厄介なのはアイクと漆黒の騎士を対決させなきゃならないこと。向こうはエタルド装備しています。一応前の章でわざと「手槍」を装備させてクリアしたのですが、エタルド間接攻撃も可能ですので意味ありませんでした。術符でこちらから仕掛ければ手槍のまま対戦できるのですが、そこまで近づいたら他のミカヤ隊精鋭に袋にされてしまうのでできませんでした。
どうやらこの鎧は中がカラッポでもコピーロッドなるアイテムの遠隔操作で、さも中に人が入っているかのように精神力だけで動かせるようです。
前作でナドゥス城でアイクが倒したのはカラッポの鎧だけだった。とのことです。
 
akatuki1107 (2)
もうひとつ、ミカヤとセネリオを対決させなければならないのですが、これも教科書通り、メティオを使って遠隔会話で実現させました。2人とも「印つき」です。「誰より、大切な誰か」はもちろん・・・
この章でもジルとか会話すればこちらの軍に寝返らせることが可能なのですが、それをやるともうちょっと先の章でミカヤ隊を再び操作する時にタダでさえ弱いのに更に弱体化してしまいます。
実際、1周目の時はそこまで行って悲惨な目に遭ったのでまたここまで戻ってやり直した苦い経験があります。
 
akatuki1107 (6)
ヤナフの千里眼も便利ですが、このウルキの地獄耳は反則のような特技ですね。
敵軍の手の内とか事情を手に取るようにこちらに筒抜けになるのですから。
 
akatuki1107 (7)
その誰かとはもちろんアイクのこと。
例の最終会話を知った上でこうやって見ていると、本当に今作のシナリオを書いた人物は危ないな~と思いますね。
どうみてもセネリ子のそのセリフはプロポーz)ry
 
akatuki1108 (4)
エリンシア隊も参戦してきて毎章のように使用する軍が変わってややこしいのですが、最悪な仕様になっています。
コンピュータが勝手に彼らを使って動かすのですが、温存しておきたい貴重な装備を勝手に湯水のごとく使いやがるのです!
いち早く話しかけて操作ユニットにする。という事もできない。阻止するには前の章をクリアする時にそれぞれの貴重装備を使用できない誰かと交換しておくとか輸送隊に預けておくしかありません。
それだけのためにまた前の章をやり直す。などという無駄な労力が発生した人も多いはず。
でもこのジョフレ将軍の勇者の槍は、他の人に預けていたら新品をどこかから調達してきてらっしゃいました。
 
akatuki1108 (5)
もうとっくにアイクのレベルが20になってしまっていて「武装解除」役の削りマンと化していたので、やっと爵位を得てまた上のクラスにチェンジするのかと思ったら、この一言orz
「要るって!」とツッコミを入れてしまいました。
相手が全ベオクの頂点に立つベグニオン皇帝であっても、アイクはいまだにサナキの事を、「ノシトヒ船団と戦った時に落ちていたガキ1人」と見ていますね。
声はドスの利いた感じを想像してしまうのですが、前作「放っておけるわけないだろう!」のムービーは声が軽くてイメージと合わないなーと思いました。今作「誰か居ないのか!」のシーンはまだマシですけどね。
 
akatuki1108 (6)
杖による撲殺プレイの件ですが、それにより勝利を得る様な美味しいシーンはなかなか撮れません。
しかし今回マイナーな、エイミちゃんのママを集中的に贔屓に育成しましたのでポコポコラーチェルやってみましょう。
改めて見るとこのカリルの大賢者法衣、非常にセクシーですね。 マントとは別に分離する透け透けのレースもあしらわれています。 そして大胆にジャンプして敵の視線をそこに釘付けにしたところで、頭をゴツン!と。
予想以上に面白い物が撮れましたので良かったです^^

半獣アイク

第3部の続き。
 
akatuki1105 (11)
ミストが魔性を発揮しておっちゃん達を騙して潜入する章です。攻略自体は簡単な章ですね。
このボスは、いくら索敵マップと言えどもこれは節穴過ぎる目でしょ。
それとも誰が見てもアイクがラグズ様にしか見えない出で立ちなのかな?
 
akatuki1105 (12)
その真ん中の民家に彼ら兄弟が訪問するとヨファの実母が住んでいました。
髪の色がボーレとヨファ、どう見ても違うのに本当に兄弟?と思っていたのですが、なるほどねー。
事情が読めてきました。
この後オスカーがヨファとこの人とを対面させようと気を遣いましたが、ヨファは拒否して感動の再会なんてありませんでした。
 
akatuki1105 (14)
ウォームの書が再登場。面倒だな~、と思いましたがよく見たら、射程が普通の魔法と同じですね。
こんな紛らわしい名前どうして採用したのでしょうか?
「フェンリルの書」が上位にあるのなら、「ミィルの書」か「ヨツムンガンドの書」あたりでいいのに(´・ω・`)
 
akatuki1105 (16)
スクリミル初めての挫折を味わいます。漆k(ry・・・ゼルギウス将軍の前に手も足も出ません。いや右手が・・・
よく見ると獅子の化身後って体毛が薄いですね。ちょっと恥ずかしいかも?
というより、化身する時、服はどうなってるのでしょうか? 解けた時にまた元に戻っているということは、あれは服ではなく身体の一部なのかもしれませんね。 まあこれは「変身もの」の作品全てに大昔から共通する言ってはならぬ暗黙了解事項なのでしょうけど。
 
akatuki1107 (1)
これは! 「は!? 酷い誤植を発見した~!」と、初めて見た時思いました。
まっさかキサがお姉系だとは誰も想像だにしなかったと思います。
この後も、痛々しい残念なセリフがリィレとの間で繰り広げられましたが、この凛々しい顔のまま喋るので違和感がハンパ無かったです。 せめて次作の様に表情がぐにゃっと派手に変化するのなら面白かったのでしょうけどね。
 
akatuki1105 (15)
撮れました。リィレの化身前のキックによる勝利ポーズ。
まあ前回のレテの戦闘前の「構え」の姿勢と大差ないので、それほど感動はしなかったです。
というかレテの方が可愛かったです。 まあ所詮、妹は姉には遠く及ばないと言うことで・・・
 
akatuki1107 (8)
化石頭のおっちゃん登場しました。
アイク自分で言ってるよ^^ ルキノ救出の時もゴリラと間違われ、上の章でも半獣と思われ、もういっそのこと太いバンダナと猫耳カチューシャ装備してライみたいな出で立ちにした方が連合軍を率いやすくなって良いのじゃないでしょうかね。

シシオウ 対 シジオウ

第2部も終盤です。
 
akatuki1105 (4)
今回の首謀者ルドベック。 最初出てくるまでは、どんなに悪そうな顔をしているのだろう?とてっきり元老院のジジイみたいな、いかにも嫌な顔を想像していたのですが、あれ?なんかFEにしては珍しい精悍な仲間入りでもしそうな良い顔の人じゃないですか。
この人はこの人なりにクリミアの女王エリンシアの脆さを憂いでいて、もっと強くなって欲しいと願い、今回あえて悪役を買って出た。ということが最後にやっぱり明かされました。 と解釈しましたがそれでいいですよね^^;
 
akatuki1105 (7)
第2部終章。 ここの音楽は今作でも3本の指に入る名曲ですね。
ぎゃ>< いきなりリセットorz ボウガン系の弓が直間両用だなんて聞いてませんでした。
ちょっとペガサスや鳥翼族にとっては不利になりましたね。
逆に竜騎士は弓に対して特効受けなくなりましたのでかなり動きやすくなりました。サンダーマージなんて弓を持っている敵に比べたらずっと数が少ないですから。
 
akatuki1105 (9)
第3部が始まっています。
いつも挑発的なキツイ事を言うセネリオにはハラハラさせられましたが、この時のスクリミルの「勝って、勝って、勝つ」とかしか言わない演説にはさすがに我々も・・・
必死で副長がフォローしていて苦笑ものでした^^;
 
akatuki1105 (8)
なんでこんな人が将軍職に就いているのでしょうか?
この人も、ジェルドのような叩き上げの実力じゃなくて、家柄のみで要職を得たまがい物なんでしょうね。
臆病なボスキャラって今までにも居ましたが、この人はかなり酷いですね。
 
akatuki1105 (10)
ワユちゃんが登場しました。
毎日毎日アイクと血まみれになるまで特訓して、イレースにも負けないほど肉ばっかり食べまくって、アイク同様にいつの間にか二回りぐらい体格が増大しているようです。
蒼炎の時はもっと華奢だったはずなのですが・・・
 
akatuki1105 (13)
どうせならもっと、もっと。というわけで更に体格をあげるアイテムを与えます。
そのままだとロクにダメージを与えられない剣聖にしかならないので、腕力中心に集中的に育てていきます。
そういえば今作でようやく念願の魔法剣以外の間接攻撃ができる通常武器の剣が販売されるようになりましたね。 初期の頃から「手槍」「手斧」が有るのにどうして「手剣」は無いの?と思っていました。 まあ3すくみの法則をもろともしないぐらい剣だけ命中率も追撃率も高かったから無くても仕方ないのかなと思っていましたけどね。

蹴り飛ばして差し上げますわ!

呟きの続きを書いていきましょう。
 
akatuki1101 (6)
第1部のボス、ジェルド。 この人、登場した時には、ただのイカれた、頭ん中も筋肉っていうラグズみたいな、  狂人の印象でしたが、なかなかどうして、人を見る目も持っていて、誰をやっつければ最も効果があるかなども理解している油断ならない人だという事が判明してきました。
 
akatuki1105 (1)
しかも結構直属の部下からの信頼も厚く、身を挺してまでジェルドのことを守った部下まで居ました。
このシーンでは、「なにこれちょっとかっこいい」と思わせ、サザか誰かも「やってることは極悪非道だが、お前なりに信念を持ってまっすぐなヤツだな」とかなんとか言って最後気持ちよく決闘してましたね。
ハールみたいに「あんなクズの豚の下でなんて軍人やってられっか!」って出て行って、良き上司の下に就いていればあるいは仲間にもなれたかもしれない実力者だったかも?
元老院の朱に交わって赤くなってしまった惜しい人でした。
 
akatuki1101 (7)
今作のシステムに一つ文句を言いたいところがありまして・・・
大ダメージを与えた時に表示される実際のダメージ数値です。
例えばこのシーン、月光発動して必殺発動した訳ですが本来150ぐらいの強烈なダメージのはずなのです。でも相手の残りHPが23だったのでそれだけしか表示されません。なんかガッカリします。
他のゲームと同様に、敵の残りHP数値なんかじゃなくて与えた側の威力の数値をちゃんと表示して欲しいなと思います。
 
名称未設定-1
次の新作ではHP18の敵に対してこの様なダメージ数が出ていますのでGoodJobですね^^
 
akatuki1105 (3)
第2部始まりました。
で、出たーーーーー。 FEシリーズ5本の指に入る名セリフ。
しかもこれ、1周目では聞けないセリフなんです。ハード以上の難易度じゃなきゃ聞けないセリフなのですって。
 
akatuki1105 (5)
なんとも派手な輝きを放つ鎧ですね~、宇原田さん。
最初登場した時、「あ、この人、蒼炎にも出てきた人だ。」、「ウハラダ。うんうん、そんな変な名前だったね~。」、「あれ?なんかでも響きが違うような・・・」、と思ってジョフレが「ダラハウじゃないか!」と言うまでその名前が出てこなかったのは私だけじゃないはずなのね~^^;
 
akatuki1105 (6)
リクエストにお応えして、レテの化身無し戦闘シーンをたくさん撮影してみましたよ。
てっきりネコパンチするんだと思っていたのですが、実際はネコキックでした。
勝利ポーズは残念ながら得られなかったので、次回のリィレ編でのお楽しみに取っておきましょう。
 
akatuki1105 (2)
ちなみにニケ女王にもキックさせてみたらそれだけでジェルドに一撃勝利してしまいました。
今までのシリーズにも「お助けキャラ」や「ジェイガンポジション」なる強いユニットって居ましたけど、今作のそれは尋常じゃないですね。最終ボスに対し実力の半分も出さずに1ターンで勝利してしまうんですから。
下級ユニットと最上級王族ユニットとの差がとんでもなく開いています。

ストリートファイター育成

第1部を進めていて、適当につぶやきます。
 
akatuki1101 (1)
ジェルドに捕らえられて収容所に収監されたシーンですね。
女性ばかり収容してどうするつもりなのでしょう? に対してララベルさん「そりゃあ決まってるじゃない。」 の真相は結局うやむやになりました。
イレースが「ぜっっっったいに許さない!」と静かに、しかしメラメラと怒っています。
まずいことよりも、量が少ないことの方が重要なファクターの様ですね^^;
 
akatuki1101 (2)
この内容のセリフは、FEシリーズでおなじみの決めセリフですね。
さて現実の世界ではどうなんでしょう。
民を蔑ろにして独裁を続けるような国家はFE的にはすぐに潰されますが・・・
 
akatuki1101 (3)
このニケ女王と、マリスってかなり似てるって最初の頃から思っていたのですが、やっぱり似てますよね?
ブリギッドとエーヴェルみたいに繋がりが見つかったら面白いけど、それは無理でしょうね。
まあ実際には、マリスの方を後から初見して、ニケに似ているな~と思ったのが私の正しい感想なのですけどね。
 
akatuki1101 (4)
支援関係ですが、とりあえず、エディとレオナルド、ローラとブラッド、サザとミカヤ、イレースとツイハーク、というベタな組合せにしましたので、彼らがくっつきました。
ほう、メグとチャップさんの出身の村は広島県の中にあったのですね。
 
akatuki1101 (8)
あ、このエル・・・セフェランがしているファッション、私が車を運転する時にはめている紫シルクのUVカットのアームカバーに似ている。
あれしないと、右手ばっかり日焼けしたりしますから、面倒でもはめなきゃね。
 
akatuki1101 (5)
猫のラグズはまだ居ませんが、鴉のビーゼさんが化身前に襲われましたので撮ってみました。
ムワリムパンチは大した事有りませんでしたが、ビーゼキックは急所にダブルクリーンヒットしていて、予想外に強力でした。
レテかリィレのネコパンチ勝利も是非見てみたいと思います。
初期の頃から、FEには武闘家みたいな武器を必要としない体術で戦うユニットは居ないのかなー? とずっと思っていたのですが、ここに居たんですね^^ これは病みつきになりそうなので、難しいですけど化身せずに戦ってバンバン経験値を取得させて手塩にかけて育てていこうと思います。

誰か! 誰か居ないのか!?

というアイクの声が聞こえてきました。
(;゚〇゚)ハッと思って来てみたら、もうとっくに玉座が制圧されていました。
これで2度目ですねorz
 
何か書かねばならないのですが、最近多忙なのもあって、ゲーム関係のネタが見事に何も無いです。
せっかくアイクの声が聞こえたので、ちょっと久しぶりに「暁の女神」でも起動してみるか。と思って電源を投入してみました。
 
akatuki (1)
な・なんだこのプレイ時間はー(棒
たかが1周目のノーマルプレイでカンストしている・・・だと?
しかも何かちょうどエンディングぐらいで上手い具合にカンストしてるっぽいですね。
たぶん大半はつけっぱなしで別の事をしていたとかそういう理由でしょうおそらく。
で、2周目ハードでやり始めて序章で放置。といったところでしょうか。
 
akatuki (3)
前にプレイした時よりもテレビが新しくなったのでワイド画面で少し見てみました。
が!
なんか、オリヴァーの顔が以前にも増して・・・
いや、彼だけじゃなくて全体的に縦横バランスがおかしい・・・
 
akatuki (4)
こ・これは酷い・・・
正方形なのは活字だけで、それ以外のグラフィックは全て横に引き伸ばされてしまっています。
マリオカートの時は、4:3から16:9に変えてすごく見やすくなったので素晴らしいな~と思ったのですが、はっきり言ってこの作品は16:9には基本的に対応していないです。
せっかくの美しい顔グラも、これでは台無しです。
 
akatuki (2)
なので、不本意ながらもワイドテレビでありながら、4:3にしてプレイしてみました。
エムブレマーのくせにまだこの作品だけ1周しかしていないので、今更ながら今一度2周目をば・・・
難易度「マニアック」で行こうかと思ったのですが、それもまだ選べず「ハード」になりました。
まあ普通のFEの難易度ですね。にもかかわらず、いきなりこの様なギリギリの戦い。序盤はこんなもんでしょう。
で、ただのハード? 縛りはどうするの? って聞かれそうですが、何も決めていません。
テキトーに進めて途中で何か面白いことを思いついたらやってみようかな。って感じです。ただ、反則なほど強いレオナルド・シノン・ヨファの神射手、アイクのラグネル、ラグズの王族達、あたりにはできるだけ頼らずに行けたらなと思います。
記事も特にあげていくつもりはありません。 途中で「へー、これは初耳の話だったー。」とか「レテが神成長キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」とか何か報告したい衝動に駆られるようなことがあれば書く。ぐらいの気持ちで居ます。
 
akatuki (5)
前みたいに義務のように毎章毎章細かい話まで書きまくっていたら逆にプレイするのが苦痛になってきますのでね^^;
そもそも、途中で面白くなくなってきて「やっぱりやーめたʅ(~◡◝)ʃ」ってなる可能性も大いにありますので、予めご了承下さい。
つーか、いきなりゲームオーバーなどという不名誉な画面を見てしまいましたorz
9ターン目になるまでクリア目的を忘れていて、更に10ターンギリギリにリーダーか誰かが「離脱」すればOKだろう。と思って、ノイス1人を残して後の3人は増援相手に経験値稼ぎしました。そして悠々と離脱させたら・・・・・
次の章に行くのかと思いきやその画面が出てきてカルーアミルク噴きました\(^o^)/
こんな初心者みたいなミスしていてハード行けるのでしょうか^^; 一抹も二抹も不安が募ってきました。

プロフィール

雪穂(ゆきほ)

Author:雪穂(ゆきほ)
ファイアーエムブレムやマリオカートなどのゲームを中心に記事を書いていきます。

拠点 : アカネイア ラーマン神殿
職業 : マムクート
性別 : 女性
属性 : 風(1月生まれ、B型)
技術 : 霧のブレス
装備 : 神竜石、神剣ファルシオン

このサイトはリンクフリーです。

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。